埼玉大学 総合研究機構 環境科学研究センター

  • お問い合わせ
  • ENGLISH

組織・構成

田中規夫 (理工学研究科/環境科学研究センター)

田中規夫 (理工学研究科/環境科学研究センター)

田中 規夫 (教授/部門長)  Norio Tanaka
水工水理学、土木環境システム

・大学院理工学研究科環境科学・社会基盤部門 所属

研究テーマ

環境と防災との調和:河川・海岸における自然現象を解明し、工学的に対処・利用するための研究を行っている。
1)津波に対し海岸林や自然地形が果たす役割を解明し、有効な樹林帯構造を提案
2)河川では、河道内の草本や樹林が治水・環境に与える影響を流れや植物特性から解明し、河道管理に役立てる研究
3)水圏の自然再生事業に対して、河岸植生帯や干潟に与える波や流れの影響解明という視点で水辺管理のあり方の研究

研究内容の図解(PDFファイル)

論文等

  • Tanaka, N., Vegetation bioshields for tsunami mitigation: review of effectiveness, limitations, construction, and sustainable management, Landscape and Ecological Engineering, Vol. 5, No.1, pp.71-79, 2009.
  • Tanaka, N., Nandasena, N.A.K., Jinadasa, K.B.S.N. Tanimoto, K., Sasaki, Y. and Mowjood, Developing Effective vegetation bioshield for tsunami protection, Civil Engineering and Environmental Systems 26 (2), pp. 163-180, 2009.
  • Sasikala, S., Tanaka, N., H.S.Y Wah Wah, Jinadasa, K.B.S.N., Effects of water level fluctuation on radial oxygen loss, root porosity, and nitrogen removal in subsurface vertical flow wetland mesocosms, Ecological Engineering 35, pp.410-417, 2009.
  • Tanaka, N., Sasaki, Y., Mowjood M.I.M., Jinadasa, K.B.S.N., Coastal vegetation structures and their functions in tsunami protection: Experience of the recent Indian Ocean tsunami, Landscape and Ecological Engineering, Vol.3, pp. 33-45, 2007.
  • Takemura, T. and Tanaka, N., Flow structures and drag characteristics of a colony-type emergent roughness model mounted on a flat plate in uniform flow, Fluid Dynamics Research 39, pp.694-710, 2007.
pagetop